料金以外の注目点

サロンでの部位脱毛を相場より安く完了させたい人は、サロンでかかる料金とは別の要素にも注目しましょう。意外と見落としがちなことを、ここでは解説させていただきます。

まず、結婚や転勤などの事情で引越しをすることになり、とてもいま通っているサロンに通える距離にいなくなってしまうことがあります。この場合、残りの回数分の払い戻しがあるとよいのですが、これがなかったり、引越し先で別のサロンを探して契約しなければいけなかったりすると、損失や無駄な出費が発生してしまいます。結果的に、相場より高くついてしまったということにもなりかねません。引越しの可能性がある人のこういうときの備えとしては、店舗の引越しが可能なサロンに通う方法があります。全国展開している大手サロンであれば、ほかのエリアに支店があり、引越し先の店舗で脱毛の続きをすることが可能です。

参考サイト≪脱毛の相場を比較・1番得する脱毛入門

このほか、サロンは近場で探すに越したことはありません。遠方に通うとなると余計な交通費がかかってしまいます。サロンには1年以上通うことになるケースが珍しくないため、交通費のトータルのせいで部位脱毛の相場をオーバーしてしまう可能性があります。また、通うことに疲れてしまい、途中で脱毛を断念し、お金を捨ててしまうようなことにもなりかねません。

キャンペーンでより安く

相場より低料金でサロンに通いたい人は、サロンで実施されているキャンペーンに注目しましょう。部位脱毛が通常価格より大幅に安く受けられるようになっているサロンは少なくありません。とくに大手といわれるようなサロンでは、キャンペーンが行なわれていることが多いです。

サロンによってキャンペーンの内容は異なりますが、通常では数万円かかるプランが数百円になっているようなことも珍しくありません。どこか1部位だけでなく、複数の部位がセットになってこのような価格設定になっていることもあります。気になっている部位が複数ある人にとって、このようなキャンペーンは魅力的にうつることでしょう。

ただし、注意しなければいけないことがあります。とくに気をつけないといけないのは、キャンペーンが適用される回数です。初回だけ破格でも、2回目以降は通常価格となると、相場より安く処理が行なえるとは限らなくなってしまいます。6回とあっても安心はできません。毛の質や量によっては、6回で脱毛が完了するとは限らないためです。キャンペーンの対象外になったあとの料金までしっかり比較して、自分が通うサロンを決定することが、失敗しないためには大切です。

パーツ別光脱毛料金相場

サロンでの部位脱毛というのは、特定の部位だけ処理を行なうことをいいます。わきのみ、腕のみ、脚のみといった具合にです。この部位脱毛を希望している人が気になるのは、やはり料金のことです。部位別にどのぐらいのお金がかかるのか、まずは知りたいと思う人は多いでしょう。

頻繁に自己処理をしなければいけない部位や、人の目に触れやすい部位ほど、サロンでの脱毛は人気があります。とくに人気があるのはわきの下。前述した理由のほかに、自己処理で黒ずんでしまうようなことが嫌だということで、サロン通いをする人は多数います。わきの下の場合、6回で15,000円前後が相場です。

わきの下以外ではひじ下のむだ毛が気になる人も多いです。ひじ下の場合は6回で30,000円前後が相場です。そのほか、露出する機会の多いひざ下も、やはりサロンで処理したいと思う人が多いパーツです。ひざ下の相場もひじ下と同様に、6回で30,000円前後はかかります。

一般に光脱毛のマシンの照射範囲が広いほど、かかる料金は高くなります。また、ここでは6回の相場としてご紹介しましたが、6回で満足のいく仕上がりになるとは限らないため、回数が多くなるほどかかる金額は高くなっていきます。

当サイトのほかのページでは、相場より安く部位脱毛をするにはどうすればよいのか、方法をご紹介します。低価格化が進んでいるサロン脱毛ですが、より安く処理をしたいと思っている人はぜひご覧ください。